インプラント治療について

045-813-7099

インプラント

  1. TOPページ
  2. インプラント

インプラントについて

インプラント

2000年代に入り、歯科インプラント治療がごく一般的なものになり、どこの歯科医院でも気軽に治療を受けられるようになったことは言うまでもありません。

しかしながら、それでもしっかりと設備の整った医院、かつ経験のあるドクターの下で治療をお受けいただいたほうが望ましいかと思います。

インプラントは骨との親和性の高いチタン金属の人工歯根を利用することにより、自分の歯と同じような感覚で食事をしたり、お話したり出来る歯科治療の技術です。インプラントに使用するチタンはもっともアレルギーが出にくく、生体親和性の高い金属です。

親和性が高いというのは骨にくっつきやすいということを意味します。それゆえ術後は、天然の歯に近い感覚で(まるで新しい歯がはえてきたかのように)、食事ができるようになるわけです。

インプラント学会認定医による治療

歯科医療は目を見張る速さで日々進歩しており、私たち医師が患者様に高いレベルの治療を施すには、常に向上心を持ち、新しい知識や技術を習得していかなければなりません。そのような歯科医師を判断する上で一つの目安となるのが、学会認定医かどうか?でしょうか。

認定医

当院のドクターは、

…等のインプラント認定医を取得しています。
詳しくは学会認定医のページをご覧ください。

リーズナブルな価格設定

費用当院では、なるべく多くの皆様にインプラントの素晴らしさを知っていただきたいとの思いから、リーズナブルな価格設定を実現しております。

価格(料金表)については「料金表ページ」をご覧ください。

なぜ今インプラントなのでしょうか

第1の歯は、私たち人間は、生まれて6ヶ月くらいたつと乳歯がはえてきます。
第2の歯は、6歳前後からはえてくる永久歯のことです。
インプラントは歯のなくなったところに植える第3の歯のことです。インプラントは噛む力や耐久性が天然の歯に近く、 自然の歯と同じように使え、”第二の永久歯”といわれています。

残念ながら中には重篤な全身疾患をかかえているという理由で、インプラント治療が応用できない場合もありますが、まずは希望をもって無料カウンセリングを受けてみましょう。

お問い合わせ・ご相談
インプラントについて 一般治療 医院案内

ページの先頭へ戻る